稲葉勉法律事務所|弁護士|稲葉勉|稲葉幸嗣|栃木県宇都宮市

稲葉勉法律事務所
〒320-0036
栃木県宇都宮市
小幡1丁目5番23号
      稲葉ビル2階
TEL.028-625-4794
FAX.028-625-6999

───────────────
弁護士  稲 葉   勉
弁護士 稲 葉 幸 嗣
───────────────
qrcode.png
http://inaba-lawoffice.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

家事事件

 

親族事件Q&A

親族事件Q&A
 
離婚慰謝料の相場はどのくらいですか?
まず,性格の不一致自体はお互い様ということで慰謝料の発生理由にはならず,有責的な行為(不貞・暴力など)によって離婚を余儀なくさせられることが必要です。
 
 有責性が高いほど高く,精神的肉体的苦痛が激しいほど高く,婚姻期間が長い方が高く,未成年子がいる方が高く,有責配偶者に資力があり地位が高いほど高いという傾向はあります。
 
 金額では多くて300万円までが多く,慰謝料だけで500万円を超えることはまれです(東京地裁の統計では,100万円以下が28.2%,100万円~200万円が26.5%,200~300万円が24.8%「東京家庭裁判所における人事訴訟の審理の実情」)。
 
父親も親権者となることができますか?
  父親でも子の親権者となることが可能です。

裁判所が,子の親権を父親か母親かのどちらかを決めるにあたっては,様々な事情を考慮して,どちらの親を親権者とすることが子にとって利益になるのか,という観点から判断をします。

具体的には,父母の監護に対する意欲及び愛情の程度,監護に対する現在及び将来の能力,これまで実際に子を監護してきたのがどちらであるか,子の意思,子の年齢や性別,発育状況,生活環境,環境の変化の度合いなどの観点から判断をします。

 

 裁判所は,特別な事情がなければ現状を維持する傾向がありますから,別居時に子と同居している方が有利となりますし,乳幼児についてはいまだに母親優先の傾向はあります。

<<稲葉勉法律事務所>> 〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡1丁目5番23号稲葉ビル2階 TEL:028-625-4794 FAX:028-625-6999